【Notion】読書の記録を整理する簡単テンプレート

※当サイトのコンテンツには、プロモーションを含む場合があります

ミニマリストを楽しむ
おさるさん
おさるさん
  • Notionで読書記録を取るメリットを知りたい
  • Notionで読書の記録を作ってみたい

本記事ではこんなお悩みを解決します。

本記事を読むと分かること
  • 読書の記録をデジタルで管理するメリット
  • Notionを使った読書記録の作り方
  • 本の内容を記録するおすすめの方法

読書記録をデジタルで管理するメリット

まず読書記録をデジタルで管理するメリットは2つあります。①情報がひとつにまとまる②検索生が高い という2点です。次から詳しく見ていきます。

情報がひとつにまとまる

デジタル管理にすると、情報を1箇所にまとめることができます。紙で記録すると、ノートが何冊にもまたがってしまうのが不便です。また個人的には物理的に持ち物が増え、ノートの管理も煩雑でした。

Notionなどのツールを使えば、情報を1箇所にまとめて整理することができます。実際に一部の記録が行方不明になってしまうことがなくなりました。

検索性が高い

デジタル管理では検索性に優れています。

  • フィルターをかけてリストの中から書籍を探す
  • 特定のワードでリスト内を検索する

紙類でのアナログ保管ではこの2つの作業ができません。特に読む本の量が多い人ほど、検索性が高いデジタル管理のほうが便利ではないでしょうか。

Notionを使った読書記録の作り方

私は次のようなリストを作っています。なお、Notionの使い方が分からない方は、こちらをご覧ください。

  • 【本のタイトル】:Text
  • 【ステータス】読みたい、読んでいる、読了、挫折:Multi-select
  • 【カテゴリ】ビジネス書(政治経済)、ビジネス書(マーケティング)、ビジネス書(心理学)、ビジネス書(キャリア)、ビジネス書(文学系)、小説、その他:Select
  • 【出版日】:Date
  • 【出版社】:Text
  • 【著者名】:Text
  • 【評価】★、★★、★★★:Select
  • 【読了日】:Date
  • 【メモ】Text

本の内容を記録するには

本の内容を記録するためには、iPadとKindleUnlimitedを使うのがおすすめです。上記の画像のように読書の内容をメモして、PDFで書き出すことができます。PDFで書き出したファイルは、Notion上に添付が可能です。

詳しくは次の記事をご覧ください。

まとめ:Notionで読書記録を作るには

本記事では下記の内容について紹介しました。

  • 読書の記録をデジタルで管理するメリット – ①情報が1つにまとまる ②検索性が高い
  • Notionを使った読書記録の作り方 – ①Notionでページを作る ②項目を追加する
  • 本の内容を記録するおすすめの方法

これを機に、今まで読んだ本を整理してみてはどうでしょうか。最後までお読みいただき、ありがとうございました。