ミニマリストになるデメリットはあるのか?【結論:基本的になし】

※当サイトのコンテンツには、プロモーションを含む場合があります

ミニマリストの考え方
おさるさん
おさるさん
  • ミニマリストに興味があるけど、なんか怪しい…
  • ミニマリストのメリットとデメリットは?

本記事ではこんな疑問を解決します。“最小限の持ち物で暮らす”ことで知られているミニマリストですが、実践するうえでのメリットとデメリットについて本記事では紹介します。

この記事を書いた人
みる
みる

ミニマリスト4年目。元ゴミ部屋の住人。持ち物を約2年半かけて、1/3以下へ断捨離成功。ミニマリスト×自己分析をもとに、自分らしく働いて暮らす人を増やすのが目標。

ミニマリストの持ち物が気になる方は、次の記事をご覧ください。

ミニマリストになるメリット

まずミニマリストになることのメリットを4つ紹介します。次から1つずつ見ていきましょう。

掃除が楽になる

1つ目は、掃除が楽になりました!
ものが減ることで部屋を次のような状態にできたからです。

  • 床にものを置かない(据え置きの家具以外)
  • 机の上は都度かたづける
  • 棚に置いてあるものが少ない

掃除機をかけたり、棚を拭いたりする前にモノを片付ける必要があります。モノを片付ける作業に手間がかかるので、掃除にたどり着くまでに挫折する方もいるのではないでしょうか。

しかし、部屋のモノが少なくなるとこまめに掃除ができるようになりました。こまめに掃除をすることで毎日すっきりとした部屋で過ごせるようになりました。

みる
みる

掃除の前工程である片付けがなくなり、掃除の心理的ハードルが下がったからだと思います !

探し物がなくなる

2つ目は、探し物がなくなりました。
持ち物が少なければ、何を持っているのか、どこに置いているのかを把握することができるからです。

1つ前に述べた「掃除が楽になる」とも少し共通する部分です。こまめな片付け・こまめな掃除を通して持ち物を定位置に戻すので、行方不明になりません。

「あれどこにしまったっけ?」、「捨てた?どこにしまった?」、出かけるまでに探し物で慌てる、ということが以前はよくありましたが今はなくなりました。

お金がたまる

ミニマルライフ/シンプルライフを送ると、自然にお金がたまっていきます。

「部屋を整える→お気に入りのものに囲まれる→部屋にものを増やしたくない!」となり、自然に買い物の頻度が減りました。ムダな買い物が減るだけでなく、今持っているものを大切に使うことで買い替えの頻度も減りました。詳しくはこちらの記事もご参照ください。

ストレスが減る

1つは「他人と比べなくてもいい」「無理に他人に合わせなくてもいい」と知ることでストレスが減りました。物理的にモノを減らす作業をする中で、自分と向き合うようになります。自分と向き合い「これは自分にとって大切なものか」を考える過程で「自分軸」ができて、他人と比較することが自然になくなるからです。

例えば、「あまり気が乗らない飲み会」に何となく参加してる方がいらっしゃるのではないでしょうか。「みんなが行くから自分も行かなきゃ…」ではなく、「今回は無理に参加するのはやめよう。」と私は自分基準で考えられるようになりました。

もう1つは「買い物をしないこと=我慢」ではなくなることでストレスが減りました。買い物をしないこと、つまり節約は我慢だと思われがちです。

部屋が散らかっているときは「あれもほしい、これもほしい、でもお金が足りなくて我慢しなきゃ」というストレスが実際にありました。しかし部屋が整った状態になると、買い物をして部屋のモノが増えることがむしろストレスになりました(笑)

ミニマリストになるデメリットと注意点

正直、デメリットはあまり感じていません。

しかし、デメリットが生じないように次のことを気をつけています。

注意点①「ミニマリスト」という言葉にとらわれない

「自分はミニマリストだからこれを捨てなきゃ。」とミニマリストという言葉にとらわれない、縛られないようにしましょう。

「ミニマリスト」というと部屋に何もない、リュック1つ分しか持ち物を持ってない方を想像する方もいるのではないでしょうか。しかし、ミニマリズムという考え方は毎日を自分にとって心地よく過ごすためにあるものです。

単に最小限の持ち物を追求するのではなく、自分らしいミニマルライフを作っていきましょう。

注意点②他人にミニマリズムを強要しない

「ミニマリストは他人に引かれる…」という声をネットで見ました。詳しく見ていくと「ミニマリストにはまった家族が勝手に自分のものを捨ててしまった。」などが原因のようでした。

繰り返しになりますが、ミニマリズムは自分と向き合い、自分にとって心地よい暮らしを作ることです。他人にミニマリズムを強要するのはやめましょう。他人のものを捨てるなんて言語道断です。

しかし、「部屋が散らかって悩んでいる…」「自分では片付けられない…」と悩んでいる方に「こんな考え方もあるよ」と参考程度に紹介するのは良いと思います。ただし受け入れるかどうかは相手次第だということを忘れないようにしましょう。

まとめ:ミニマリストになるメリットとデメリットは?

本記事ではミニマリストになることのメリット、デメリット、注意点を紹介しました。まとめると次のようになります。

  • メリット①掃除が楽になる
  • メリット②探し物がなくなる
  • メリット③お金がたまる
  • メリット④ストレスが減る
  • 注意点①「ミニマリスト」という言葉にとらわれない
  • 注意点②他人にミニマリズムを強要しない

「ミニマリスト」という概念にとらわれず、自分にとって心地の良いミニマリストになりましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。