ミニマリストにiPadはいらないのか?【結論:使い方次第】

※当サイトのコンテンツには、プロモーションを含む場合があります

ミニマリストの考え方
おさるさん
おさるさん
  • iPadを買おうか/断捨離するか迷ってる
  • モノの数を増やしたくない
  • iPadを持っているが、時間を浪費している
  • ミニマリストにおすすめのiPadを知りたい

こんなお悩みを持っていませんか?まず結論からいうと、ミニマリストにとってiPadは必要です。が使い方に注意が必要です。

本記事を読むと分かること
  • iPadを活用した持ち物の減らし方
  • iPadで時間を浪費しない方法
  • ミニマリストにおすすめのiPad

この記事を書いた人
みる
みる

ミニマリスト4年目。元ゴミ部屋の住人。持ち物を約2年半かけて、1/3以下へ断捨離成功。ミニマリスト×自己分析をもとに、自分らしく働いて暮らす人を増やすのが目標。

iPadを活用して持ち物を減らす方法

iPadを活用して持ち物を減らす方法は3つあります。

①書類をデータ化する ②本をKindleアプリで読む③手書きメモをiPadで取る

次から1つずつ詳しく見ていきましょう。

書類をデータ化する

データ化できる書類は全てデータ化してiPadで見るようにします。書類のデータ化で、紙の書類が大幅に減ります。

「Adobe Scan」のアプリを利用すると、簡単にスキャンと保存ができるのでおすすめです。

データ化するべき書類と紙で保存するべき書類、断捨離してもOKな書類の見分け方についてはこちらの記事を参照してください。

例えば私は学生のときに使用していた楽譜や、演奏会のプログラムを全てPDF化しています。量が膨大だったので時間はかかりましたが、保管スペースが半分以下になりました。

スキャンとPDFでの保存自体はiPhoneなどのスマホでも可能ですが、iPadを利用した方が見やすく利便性が高いです。例えば説明書を確認するときにスマートフォンの小さい画面だと見辛かった経験をしました。紙の利便性を極力失わずに、持ち物を減らすという点でiPadは有用なものだと思います。

本をKindleアプリで読む

本を読むときはiPadのKindleアプリを利用しています。Kindleの専用端末や紙の本という選択肢もありますが、私がiPadのKindleアプリを使う理由は次の3つです。

  • Kindle unlimitedを利用できる
  • どこでも本を読むことができる
  • メモを取りやすい

KindleとiPadを利用した読書術についてはこちらの記事をご覧ください。Kindle unlimitedは下記のリンクから登録できます。

手書きメモをiPadで取る

GoodNotes5で手書きメモを取っています。紙での手書きメモをやめた理由は次の3つです。

  • 紙とペンを出すのが面倒
  • メモ帳がなくなるたびに購入する必要がある(メモ帳を選ぶのが手間)
  • 紙を処分するのが大変

iPadで時間の浪費を防ぐ方法:スクリーンタイムの制限

ここまででiPadを利用するメリットをお話ししました。

しかし、デメリットとしてiPadを見すぎてしまうことが挙げられます。YouTubeやPrimeVideoなど楽しいコンテンツが盛りだくさんですよね(笑)し

iPadで時間の浪費を防ぐためにはスクリーンタイムの設定が有効です。

「設定」の「スクリーンタイム」の中から「休止時間」をオンにします。
「常に許可」からメモやGoodNotes5などの仕事に必要なアプリだけを選択し、常に使える状態にします。設定を行うことで、仕事の時間は仕事に必要なアプリだけを使えるようにして娯楽用のアプリと分けました。

ミニマリストにおすすめのiPad

ミニマリストにおすすめのiPadは、「iPad mini」です。理由は2つです。

  • 持ち運びに便利
  • 手に持つのにちょうど良いサイズ感

本記事で紹介した「本を読む」「紙のメモ代わりにする」「PDFのデータを読む」程度の使い方であればiPadProまでのスペックは必要ありません。

また、2022年3月現在でiPad miniの整備品を購入できることを確認できました。1つ前の世代ですが、新品に近いものをかなり安く購入できます。まずはiPadを試してみたい!という方はチェックしてみてください。

【まとめ】ミニマリストにiPadはいらないと思う方へ

「ミニマリストに憧れているけど、iPadはいらないのではないか?」と思っている方向けに、本記事ではiPadの魅力を紹介しました。iPadというデバイス1つでさまざまな持ち物を減らすことができるので、ミニマリストとiPadの相性はよいのではないでしょうか。

最後までお読いただき、ありがとうございました。