ミニマリストのパジャマ 兼 部屋着を紹介|兼用する理由とコツは?

※当サイトのコンテンツには、プロモーションを含む場合があります

ミニマリストのファッション

本記事ではこんなお悩みをお持ちの方に、ミニマリストのパジャマ・部屋着事情を紹介します。

結論から言うと、私はパジャマと部屋着を兼用しています。
その理由と気をつけていること、実際に着ているパジャマ 兼 部屋着については本文をご覧ください。

この記事を書いた人
みる
みる

ミニマリスト4年目。元ゴミ部屋の住人。持ち物を約2年半かけて、1/3以下へ断捨離成功。ミニマリスト×自己分析をもとに、自分らしく働いて暮らす人を増やすのが目標。

パジャマと部屋着を分けない理由

パジャマと部屋着を分けない理由は2つあります。
簡単にまとめると、パジャマと部屋着を分けるメリットよりも手間の方が大きいことです。

次に具体的に書きました。

パジャマと部屋着を分けると手間が増える

まず、部屋着とパジャマの両方を用意することで様々な手間が増えます。

パジャマと部屋着を分けることで増える手間
  • 洗濯物の量
  • パジャマと部屋着を選ぶ(買う)手間
  • 着替える手間
  • 着替えるタイミングを考える手間

めんどくさがりな私の性格上、これが大きな理由です。

パジャマと部屋着を分けるメリットが小さい

次に、パジャマと部屋着を分けるメリットについても調べてみました。

パジャマと部屋着を分けるメリット
  1. 睡眠の効率がよくなる。理由は、パジャマが睡眠に適するよう作られているから
  2. 着替えることで、気持ちを切り替えることができる

1については、選ぶ部屋着を気をつければいい
2については、着替え以外を切り替えスイッチにすればいい。例えば朝だったら、朝ごはんを食べることなど。

ということで、私にとってはパジャマと部屋着を分けるメリットが少ない。むしろデメリット(=手間)の方が大きいように感じました。

パジャマと部屋着を兼用|気をつけること

ここまで、パジャマと部屋着を兼用する上で気をつけていることです。

二軍服を部屋着にしない

1つ目は、外に出かける用の二軍服を部屋着にしないこと。言い換えると、一軍の部屋着を用意することです。

部屋でリラックスして過ごせる、寝るときも快適な一軍部屋着は、この後のミニマリストが着るパジャマ・部屋着で紹介しています。

お風呂に入ったら着替える

次に気をつけているのは、お風呂に入った後に着替えることです。

理由は単純で、1日着た服で寝るのは衛生上あまりよくないから。
夕食後にお風呂に入るば、食べ物の匂いも気になりません。

また、パジャマと部屋着を分ける話で「寝る前の切り替え」がありました。お風呂に入る→着替えるのルーティーンを切り替えにしています。

ミニマリストが着るパジャマ・部屋着

最後に、ミニマリストが実際に着ているパジャマ・部屋着数を紹介します。

全てユニクロです。

ミニマリストのパジャマ・部屋着|春秋用

ミニマリストが春秋に着るパジャマ・部屋着

春秋はユニクロの「ウルトラストレッチセット」のシリーズを着ています。
上下ともにゆったりした素材で、寝るときも快適です。

関連記事:ミニマリストの春服と秋服を紹介【兼用にするコツは?】|20代女性

ミニマリストのパジャマ・部屋着|夏用

ミニマリストが夏に着るパジャマ・部屋着

※写真は1枚ですが、2枚持っています。執筆中に着ています。

夏はユニクロのロングワンピースを着ています。

カテゴリ的には「パジャマ・ルームウェア」ではありません。

しかし、ワンピースだと長ズボンと短パンのいいとこ取りができています。
具体的には、寝るときに感じる長ズボンの暑さと、冷房が効いてる部屋で感じる短パンの寒さ、という悩みがなくなりました。

関連記事:基本12着!20代女性ミニマリストの夏服を紹介|2023年版

ミニマリストのパジャマ・部屋着|冬用

ミニマリストが冬に着るパジャマ・部屋着

冬はユニクロのニットフリースセットを着ています。
※メンズ商品

トップスはニット素材に見えますが、中がフリース素材です。
しっかりした素材で暖かい、着心地もよくて気に入っています。

関連記事:ミニマリストの冬服を紹介【寒がりさん向け】|20代女性

まとめ:ミニマリストのパジャマ・部屋着事情

本記事では、ミニマリストのパジャマ・部屋着事情を紹介しました。おさらいです。

まとめ

他の持ち物が気になる方は、こちらの記事もご覧ください!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。